ヘッドライトレンズケア

ヘッドライトプロテクションシステム

オートプロジェクトが取り扱う「ヘッドライトプロテクションシステム」は、ヘッドライトの黄ばみ・傷・汚れを防ぐユニグローブ社の新しいカーケアです。新車の時のヘッドライトのクリアな輝きをキープします。

ヘッドライトプロテクションシステムで使用するフィルムは、非常に優れた柔軟性と食品用ラップの15倍にもなる厚みを持ち、飛び石などの物理的なダメージによるキズや汚れのトラブルから愛車を守ります。またヘッドライトの黄ばみの大きな原因である紫外線を大幅にカットし、黄ばみを長期間防ぎます。

車はもちろん、スクーターや大型バイクまで幅広く対応でき、透明度が高いので車検にも対応しています。

黄ばみ・劣化を長期間防ぐ

ヘッドライトは、一般的にポリカーボネートというプラスチック樹脂が使われており、保護するために塗られているハードコート層が紫外線によって変質することで黄ばみや曇りが発生します。ヘッドライトプロテクションフィルムは、フィルム自体が紫外線を約93%以上カットすることで黄ばみや劣化を防ぎます。

飛び石などによる傷を防ぐ

プロテクションフィルムはヘッドライトレンズをキズや汚れから保護するために生まれたフィルムで、約4倍にも伸びる非常に優れた柔軟性と高い透明度を併せ持ち、食品用ラップの15倍にもなる厚みがあります。これに外からの衝撃を吸収する特殊な接着層を組み合わせることで、飛び石などによるキズや汚れのトラブルから愛車を守ります。

クリアな輝きを長期間キープ

プロテクションフィルムは3層からなっており、厚みと柔軟性を持ったポリウレタン樹脂層の上にある表面の層は、特殊製法によりフッ素を含んだハードコート層になっています。圧倒的な防汚性と高い撥水性を持ったこのハードコート層が、水垢などの日常的に付着してしまう汚れをシャットアウトします。

安心の車検対応

ヘッドライトプロテクションシステムは、無色で透明度の高い日本製の無黄変ポリウレタンフィルムを使用しています。フィルムを貼っても、道路交通法上の保安基準で定められている光量不足の心配はありません。車検の保安基準による光量試験において、問題無く車検に通る結果を得ています。(フィルム施工後、使用環境やメンテナンス状況によっては、車検時に施工したフィルムを剥がす場合がございます。)

ヘッドライドレンズ修復システム

ヘッドライトレンズの曇りは、車の外観はもちろんランプの明るさの妨げにもなるため、黄ばみや白濁が目立つ前に定期的にヘッドライトレンズの修復を行なうことをおすすめします。

従来のような、コンパウンドでクリアにしてガラスコーティングをトップコートとして塗布する方法では、約3~6ヶ月で効果が薄れてきます。オートプロジェクトのトップコートは紫外線硬化タイプで、耐久性が約1~2年間と飛躍的に長持ちします。透明感のあるハードコート仕上げを持続し、コーティング層の皮膜も、一般的なガラスコーティング剤に対して10倍の厚みがあるのも特徴です。